葉酸サプリの1日の摂取量は?

葉酸。出産経験のある女性ならば一度は聞いたことがある言葉であろう。ビタミンの一種である葉酸は、超妊娠初期に最も必要とする栄養素で胎児の先天性リスクに関わると言われている。厚生労働省も妊娠を希望する女性に葉酸の一定量の摂取量を定め奨めている。なぜ「妊娠を希望する」なのか。

 

言ったとおり、超妊娠初期に最も必要とされる葉酸。現代社会 実は妊娠に気がつかずに流産となることか非常に多いのである。確率は年齢によっても異なるが約5割が流産をしているのではないかという算出もあるくらいである。

 

流産の理由は様々だが、リスクをひとつでも無くすためには、妊娠する前 つまり「妊娠を希望する」時点で超妊娠初期の準備は必要不可欠なのである。

 

さて、葉酸をどのように摂取すればいいのかというと、手っ取り早いのは葉酸サプリを利用することだろう。様々なメーカーが葉酸サプリを販売しドラッグストアでも容易に購入が可能である。そして摂取量を把握できる点も利点である。

 

しかし、過剰摂取もまた問題で、貧血の恐れがでてきてしまう。健康増進のためのサプリで体調をくずしては本末転倒である。

 

出産経験のある筆者が思うに、葉酸サプリはつわりのひどい妊婦や食生活バランスが崩れている女性が飲むべきものだと考える。葉酸は食材から十分に摂取できる栄養素である。筆者はサプリは摂取しなかった。

 

しかしながら、赤ちゃんがほしいと言いながら喫煙を止められない女性が多いこの時代 食生活にまで気が回らないことも容易に想像できる。そんな人は葉酸サプリをうまく活用して「妊活」をがんばってほしい。